ゲルピー開創器11cm ディープアングル 先鈍

お探しものはこちらで検索!

ゲルピー開創器11cm ディープアングル 先鈍

2017-09-06

ゲルピー開創器11cm ディープアングル 先鈍の仕様

全長(サイズ)は11㎝
深さ1.8㎝のアームの先端
クロス幅は4.5㎜
当社のゲルピーはクロスオーバーが標準。先端は組織を傷めないよう丸めています。膝関節に使えるようクロス幅を狭く改良。
開創幅は最大4.5㎝
“ShinMedico”のエッチング(刻印)が目印


当社ゲルピー開創器が人気なワケ

当社のゲルピー開創器は先端がクロスオーバーになっているのが標準です。それにより開創部に先端を挿入する時、組織を傷つけず容易に挿入することができます。そして先端が深く折れ曲がったディープアングル。これにより深いところの開創時でも器具が立ってくることがなく、術野の妨げになりません。このような特徴を持ち合わせているので、様々な場面で役立ちますが、特に椎間板ヘルニアの手術には大いに役立ちます。

ペットが小型化していることもあり、当社ゲルピー開創器でも9㎝または11㎝の需要が増えています。いずれも売れ筋商品の1つになっているその訳は、コンパクトサイズで、上記のような特長を持ち合わせているからでしょう。

こういう質問をよく受けます

「9㎝と11㎝だとどちらがよく出ますか?」

本来なら全てを揃えられればいいのでしょうが、なるべく支出を抑えようというふうに考えるのは当然です。それで他の先生方の様子を伺うというのも分かります。ですが、正直申し上げまして、どちらも同じ数だけ出ています。ですので、「どちらがよく出ているのか」と聞かれても「同じくらいですね」としか答えようがないのが実情です。

いずれも展示会に出展すれば、毎回たくさんお買い上げいただいております。価格もお手頃となっておりますので、ご興味のある先生は、ぜひお買い求めください。

(2011/12/20)

マイナーチェンジで改良しました

創業当初より人気の高い当社ゲルピー開創器ですが、もともとゲルピー開創器11㎝の先鋭と先鈍は一見その違いが分かりにくいということがありました。先端を指で確認して先鋭と先鈍を区別するという具合でした。

また使っていただいた先生からのご意見で、先鈍の具合が中途半端な感じがするという指摘も伺ったこともありました。

そこで、これまでのいろいろなご意見を総括してゲルピー開創器11㎝先鈍を改良しました。ポイントは先端の鈍の具合をもっとはっきりさせたことと膝関節にも使えるようクロス幅を狭くしてクロスポイントを高い位置にしたことです。これにより従来、後加工をして販売していた膝関節用ゲルピー開創器の販売を中止して、ゲルピー開創器11㎝先鈍でもそれに対応する標準仕様で発売することにしました。

ただ現在、このゲルピー開創器11㎝先鈍は在庫がなく入荷は来月5月になる見込みです。入荷しましたら改めてご案内しますが、予約注文は承ります。

この改良型ゲルピー開創器11㎝ディープアングル先鈍にご興味がありましたらお問い合わせください。

(2017/4/20)

すでに入荷しております

6月の初めに入荷しておりますので、ぜひご利用ください。

(2017/9/11)

ゲルピー開創器
 11cm ディープアングル 先鈍[品番:R-5]
 価格(税込)¥23,000
※カートに入れる際はお間違えのないようご希望の商品を選択してください




PAGE TOP

ご利用案内GUIDE
出展情報exhibit
会社概要PROFILE



シンメディコ株式会社

〒270-2212
千葉県松戸市五香南1-12-10
TEL:047-369-7799
FAX:047-369-7099




MENU

CONTACT
HOME