VOAメニスカスプローブ

お探しものはこちらで検索!

VOAメニスカスプローブ

2017-09-07

VOAメニスカスプローブの仕様

長さは16cm
先端鈍の3㎜フック
ハンドルは綾目の滑り止め
“ShinMedico”のエッチング(刻印)が目印


前十字靭帯損傷時の半月板へのアプローチに

DVMsどうぶつ医療センター横浜の小林先生の研究グループの発案による新しい器具の作成依頼を受けました。それが今回ご案内するメニスカスプローブです。

前十字靭帯損傷時の半月板へのアプローチに便利な器具です。具体的な使い方につきましては研究グループの一員であるみなみ野動物病院の廣間先生に解説していただきます。

“前十字靭帯損傷が発症した症例では、多くのケースで内側半月板尾側角の損傷も同時に認められ、関節制動手術時にこれを放置してしまうと、疼痛が続くなど術後の経過が思わしくないことが知られています。

そのため術中に内側半月板の評価を行い、大きな損傷が認められる場合には半月板の処理を行うことが重要となります。しかし内側半月板は狭い膝関節の中に存在しているため、通常の器具のみでの処置は困難な場合が多く認められます。

そこで我々の会では、スムーズに半月板の処理を行えるようディスカッションや研究を行い、今回のVOAメニスカスプローブを作成することにしました。

このVOAメニスカスプローブは内側半月板の尾側角の後半月板靭帯付着部に滑り込ませることが可能で、プローブ先端のエッジで靭帯を引っ掛ける事により、内側半月板の尾側角の確認とその後の処理のための視野の確保が可能となります。視野の確保後はメスなどにて安全に靭帯の離断を行うことができ、半月板の処理が容易になります。

さらなる理解を深めるために、今後は動画を公開することも予定しています。”

整形外科分野のさらなる研究のために

今回アイデアをいただいた研究グループは小動物整形勉強会(現一般社団法人VOA JAPAN)として定期的に研究会を開催しています。

このような研究熱心な先生方に器具の製作を通して少しでも貢献できることは獣医療業界の発展にも貢献することにつながるので、とても意義のあることだと思います。

また、整形外科分野を極めたいという先生がいらっしゃったら小動物整形勉強会(現一般社団法人VOA JAPAN)に参加されるのもいいかもしれません。

合わせてこのVOAメニスカスプローブにご興味がありましたら下記より今すぐお取り寄せください。それでは先生からのご注文をお待ちしております。

(2017/2/4)

VOAミニホーマンリトラクターと合わせて

発売以来約10ヶ月で54本も売れたVOAメニスカスプローブ。とても多くの先生方に好評をいただいているのですが、これと合わせてVOAミニホーマンリトラクターはいかがでしょうか。同じく膝関節用の器具として製作を依頼されたものです。対象動物が小さくなるのに応じて器具も小型化する必要があります。その要望に応じて作成したものですので、VOAメニスカスプローブと合わせて、下記の関連記事よりVOAミニホーマンリトラクターもどうぞ。

(2017/9/10)

VOAメニスカスプローブ
 16cm[品番:O-43]
 価格(税込)¥8,000




PAGE TOP

ご利用案内GUIDE
出展情報exhibit
会社概要PROFILE



シンメディコ株式会社

〒270-2212
千葉県松戸市五香南1-12-10
TEL:047-369-7799
FAX:047-369-7099




MENU

CONTACT
HOME