X線フラットパネル - 動物用手術器具・医療器具 輸入販売のシンメディコ

動物用手術器具・医療器具 輸入販売のシンメディコ

HOME > X線フラットパネル

X線フラットパネル


世界水準の高画質と他社に負けない価格の
DRシステムでX線撮影の流れを改善し、
効率的な診断をサポートします
CRとDRの比較
DRシステムにすれば読取装置は不要で省スペースと診断時間の短縮につながります
モニター画面
鮮明な画像がわずか数秒でモニターやPC上に送られます

RAYENCE社製のX線フラットパネルをぜひご採用ください。
X線撮影での素早い診断に、間違いなくお役に立てます。

RAYENCE社製のフラットパネルの導入にあたって、押さえておくべきお役立ちポイントは以下のとおりです。

お役立ちPointその1:簡単なDRシステムへのアップグレード!
簡単なアップグレード

RAYENCE社製X線フラットパネルの導入には、X線装置の改修を必要としません。従来のフィルム・スクリーン・カセットと同じ15㎜の厚さで、既存の標準カセットトレーにセット可能です。よって、既存のフィルムあるいはCRシステムを容易に置き換えることができます。

(※1417サイズは、X線装置によりカセットに合わない場合があります。その際は別途アクリルテーブル(有償)をご用意しております。詳細はデモンストレーションの際に伺って確認します。)

また、高度なAuto Trigger技術により、X線発生装置との連携接続も不要なので、フィルム感覚での使用が可能で、経済的にDRシステムへのアップグレードができます。

お役立ちPointその2:X線撮影での診断時間を短縮!
ワークフローの改善

RAYENCE社製X線フラットパネルを導入すれば、フィルム現像機やCRデジタイザを使用するプロセスを削減できます。それにより、作業時間を最小化でき、診療の流れを改善します。

プレビュー時間は約5秒。これはつらい態勢での検査拘束時間を減らして患者に安心感をもたらします。また、撮影された画像の良し悪しがその場ですぐに分かるので、撮影結果が芳しくなかった場合には、再撮影するかどうかの判断もすぐにその場でできます。短時間での画像表示は、患者もスタッフも待機時間を短縮でき、X線撮影における効率的な診察につながるのです。

お役立ちPointその3:高感度で高画質を実現!
画像各種

画像診断をする場合、「画質がいい」という条件は絶対はずせないものです。「画質がいい」ということはそのまま的確な診断につながるからです。

RAYENCE社製X線フラットパネルは独自の動物専用解析ソフトにより、高画質を実現。さらにはその操作も簡便にできる設計になっています。

実際に使った先生からは、「骨の内部もきれいに診られる」「胃や腸の中の異物も診られる」など多くの評価をいただいています。さらには、アメリカ競馬業界において導入実績No.1ということにおいても、その評価の高さがうかがえます。

お役立ちPointその4:ニーズに合わせて様々なパネルをご用意!

もともとメーカー側では様々なサイズのパネルがラインナップとしてありますが、国内の動物病院向けには14x17inchと17x17inchがお勧めのサイズとなります。

そしてそれらのサイズも、パネルを構成する素子の違い(CsIを用いたものとGOSを用いたもの)から以下のとおりになります。

・1417PCA
・1417PGA
・1717SCC
・1717SGC

一般的にはGOS素子からなる、1417PGAもしくは1717SGCで十分な高画質が得られますが、さらに画質を追及される先生は1417PCA、1717SCCをお勧めします。

X線フラットパネル 1417PCA/PGAの仕様

      
SENSOR Description
パネル アモルファスシリコンTFT
シンチレータ Csl:Tl(PCA)/Gd₂O₂S:Tb(PGA)
ピクセルピッチ 127μm
ピクセルマトリックス 3,268x2,756
ELECTRONICS Description
A/D変換 14bit
データ収集時間 プレビュー  約5秒
ディスプレイ 約5秒以内
データインターフェース ギガビット イーサネット
PERFORMANCE Description
DQE(0.1lp/mm) Typ.60%(PCA)/Typ.35%(PGA)
MTF(1lp/mm) 60% typ.
最大分解能力 3.9lp/mm
エネルギー範囲 40~50kVp
MECHANICAL Description
サイズ 460x417x15.9mm
重量 3.4kg(without Handle Unit)
ハウジング マグネシウム合金
動作環境 10~35℃, 30~80%RH(結露なし)
保管環境 -10~55℃, 10~80%RH(結露なし)
1417PCA/PGAの外寸

X線フラットパネル 1717SCC/SGCの仕様

      
SENSOR Description
パネル アモルファスシリコンTFT
シンチレータ Csl:Tl(SCC)/Gd₂O₂S:Tb(SGC)
ピクセルピッチ 127μm
ピクセルマトリックス 3,328x3,328
ELECTRONICS Description
A/D変換 14/16bit
データ収集時間 プレビュー  約5秒以内
ディスプレイ 約5秒以内
データインターフェース ギガビット イーサネット
PERFORMANCE Description
DQE(0.1lp/mm) Typ.65%(SCC)/Typ.45%(SGC)
MTF(1lp/mm) 60% typ.
最大分解能力 3.9lp/mm
エネルギー範囲 40~150kVp
MECHANICAL Description
サイズ 460x460x15.5mm
重量 4.0kg
ハウジング マグネシウム合金
動作環境 5~40℃, 30~75%RH(結露なし)
保管環境 -10~50℃, 10~80%RH(結露なし)
1717SCC/SGCの外寸
お役立ちPointその5:低線量で生体にもやさしい!

「低線量で生体にもやさしい」ということは繰り返しの撮影も可能になります。また、動物愛護の観点からも重要なことです。

以上のようにおもなポイントをご案内しましたが、その他にも保障については、メーカー保証は1年で、2年目以降はオプションで有料の保守も協力会社と連携して提供しています。

またDICOMにも対応でき、Osirixとの連携も可能です。

RAYENCE社製X線フラットパネルのご用命は・・・

RAYENCE社製X線フラットパネルはご案内してきたとおり、性能に自信を持ってお勧めしています。さらには価格も他社に負けないよう出来るだけ頑張っています。このX線フラットパネルの購入を前向きにご検討の先生は下記フォームよりお問い合わせいただければ、折り返しメールにてリーフレットをお送りします。

また、EzSensor Pの価格をお知りになりたい先生も下記のフォームよりお知らせいただければ、メールにて御見積書をお送りします。

購入をご希望される先生には、デモンストレーションも承っております。ただし、デモンストレーションに関しては予算があり、使ってみてよければすぐに購入する予定のある先生に限らせていただきます。デモンストレーションをご希望の先生は同じく、下記のフォームよりお知らせください。


PageTop

カタログ請求
代理店募集

新着記事

  • 12.09.2017
  • ・2017秋季合同学会
     (名古屋)出展
  • 11.18.2017
  • ・動物臨床医学会
     年次大会(大阪)出展
  • 11.04.2017
  • ・北海道小動物獣医師会
     年次大会(札幌)出展
  • 10.15.2017
  • ・九州地区獣医師大会
     (宜野湾)出展
  • 10.14.2017
  • ・中国地区獣医師大会
     (山口)出展
  • 10.12.2017
  • ・東北地区獣医師大会
     (青森)出展
  • 10.08.2017
  • ・近畿地区獣医師大会
     (大阪)出展
  • 09.15.2017
  • ・日本臨床獣医フォーラム
     年次大会(東京)出展
  • 09.10.2017
  • ・関東・東京合同獣医師大会
     (東京)出展
  • 08.26.2017
  • ・中部地区獣医師大会
     (富山)出展
  • 07.15.2017
  • ・エキゾチックペット研究会
     東北セミナー(仙台)出展
  • 07.08.2017
  • ・WJVF第8回大会
     (大阪)出展
  • 06.17.2017
  • ・2017年春季合同学会
     (さいたま)出展
  • 04.02.2017
  • ・日本臨床獣医学フォーラム
     第18回北海道地区大会
     (札幌)出展
  • 03.19.2017
  • ・日本臨床獣医学フォーラム
     第16回九州地区大会
     (福岡)出展
  • 03.05.2017
  • ・日本臨床獣医学フォーラム
     第19回東北地区大会
     (仙台)出展
  • 03.05.2017
  • ・神奈川県獣医師会
     平成28年度学術学会
     (伊勢原)出展
  • 02.24.2017
  • ・日本獣医師会
     平成28年度獣医学術学会
     年次大会
     (金沢)出展
  • 02.18.2017
  • ・日本獣医内科アカデミー
     第13回学術大会
     (横浜)出展
  • 02.12.2017
  • ・兵庫県開業獣医師会
     第7回臨床研究会
     (神戸)出展
  • 02.05.2017
  • ・浜松市獣医師会
     第2回年次大会
     (浜松)出展
  • 01.08.2017
  • ・名古屋市獣医師協同組合
     獣医療関連用品フェア
     (名古屋)出展

TOPICS

Main Menu

会社概要

シンメディコ株式会社

住所:〒270-2212
千葉県松戸市五香南1-12-10

電話:047-369-7799

商品詳細




HOME - 剪刀 - 鉗子 - 持針器 - 開創器 - ピンセット- 整形外科 - その他

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ